過去と今の変化

以前と現代の内科の受診

以前と比べて、高血圧症や糖尿病や高脂血症などの生活習慣病などて患者さんの数も増えています。簡易キットなどの検査などの医学の進歩で血液検査の一部も外部に委託するケースもありますが、場合によっては小さな内科クリニックでもその場で結果が分かる場合もあります。また、花粉症などの現代の病気も耳鼻科だけだはなく内科でも薬の処方もできるので以前と比べて内科に求められる内容も増えています。風邪を引いたら、まず内科に行くという方も多いと思います。インフルエンザが流行る秋から春先まで、内科は多くの患者さんで混み合います。逆に夏場は患者さんが少ない事が多いです。内科は総合的に診てもらえ必要であれば、専門の科を紹介してくれます。

地域に根付いた診察を行う

場所によっては内科と小児科が一緒になっている場所もあります。親子で通う際に便利だと思います。またインフルエンザの予防接種や子供の予防接種も行っている場所もあります。また地域から委託をされている地域の検診も行っている場所もあるので、何かと内科に通うケースも増えてきます。また一般の健康診断も行っているケースもできるので、必要に応じて近くの内科に相談してみるといろいろなケースに対応してくれると思います。また地域の病院と連携しているので、受診して必要であれば大きな病院と連絡を取って大きな病院に紹介状を書いてくれます。必要な診療を受ける事ができます。また大きな病院で診察をして状態が安定していれば、また内科に戻れます。