Internal of body

過去と今の変化

内科について目を向けてみると、過去と今の変化は大きいという点が目立ちます。現代的な病気として代表ともいえる、花粉症に対する治療を受けられるようになっている点も、その変化の一つです。

Read More

外来を活用する

糖尿病のことが気になり始めたら、まずは専門の外来を活用するのが良いアプローチです。詳しい専門医を要する外来が日本全国に登場している現状があるため、不安と問題を解決していけるのが特徴です。

Read More

調べるのがとても重要

自律神経失調症について気になるようになったら、まずは調べるのがとても重要です。インターネットを活用すれば知識を得るばかりか、チェックを進めることもできるため、上手に活用したいところです。

Read More

診断時の注意

お悩みのことはいつでもお気軽にご相談下さい。小岩で糖尿病の治療をするならこちらの病院へ。リラックスできる空間をつくっております。

大腸内視鏡検査を受ける時の注意点

自分が何故、大腸内視鏡検査を受けるのか、その目的を明確にして目的に合った施設を選ぶ事が大切になります。大腸内視鏡検査を受ける施設が、当日にポリープがあったら切除できるのか、もしくはポリープがあった場合には後日の切除になるのか、目的に応じて施設のポリープを切除出来るのかどうかまで考えて選ぶ注意が必要になります。自分の外来の担当ではなく、検査を行ってくれる内視鏡医の事が良く理解できている事が最も重要になります。自分が大腸内視鏡検査を受けるのは、人間ドッグや健康診断で便潜血で陽性になったから検査を受けるのか、それともバリュームの検査で引っかかったから、もう1回やるのか、もしくは昔大腸がんをやっている、もしくは昔ポリープを切除しているから、また無いかなという事で大腸内視鏡検査をやるのかは、理由や原因によって選ぶ施設は変わってきます。なのでこれらの事に注意をして適切な診療施設を選ぶ事が大切になります。

大腸の内視鏡検査でポリープがある場合の対処法で知っておくと良い情報

大腸にポリープがあると、切除する事になります。大腸がんのほとんどはポリープから出来ます。ですからポリープの内から切除をしておこうという事になります。ポリープは多くの物はアデノーマという物になります。大きくなるにつれて、大腸がんになる確率は上がってきます。例えば1センチを超えていると約15パーセント、2センチを超えていると3割、3センチ超えていると5割の確立でガンが含まれると言われています。外来で出来るポリープの大きさの切除は限度があります。大きなポリープは頻度が少ない場合が多く、多くの方は外来でポリープの切除を行っている所であれば採る事は可能です。ただ、今の日本の保険制度では後日入院という所が少なくないのも現実です。実際にはポリープの切除は手術になります。もう一度改めて説明をして、後日入院で行う事が安全で安心です。しかし自分としては、後日でするのか当日でするのかを選択できる、ニーズに合った病院がある事を知っておくと良いです。

スリムな身体に変われるように糖尿病の食事を始めてみませんか。その他にも運動の併用も大切なポイントです。